くりかのこと。

想いのままに。

物忘れメモ転用へん

この記事はかのこさんがやらかした光コラボレーションへの転用からキャンセルまでの道をメモしたものです。
あいつら言葉巧みに色々言ってくるから気をつけろ。

全ての始まりは訪問から始まった。

あいつらほんと「消防署の方からきました」みたいな消火器売りつけるのと同じレベルで突然現れます。
春分の日の出来事です。
かのこさんは体調不良で寝ていました。
そこにあいつはやってきた。
まだ何もしていない旨告げると「よかったですー」とか言いやがる。
つまりは『(うちの会社の利益に繋がるから)是非ここで転用しましょうよ』と。
『おやすくなる』
『まとめてうちが請求とかのを引き継いでする』
『みかかの光コラボ業者リストの一覧にも載ってるから安心』
↑ココテストに出ます。

つまりはみかかのHPに載ってるからちゃんとした業者だよと主張。
ぶっちゃけた話ちっせえ会社から大きいとこまで全部載ってます。
だからどんなサービスかもあんまりわからぬなのです。
その会社のHPも会話の途中で調べながらだったのですがいい評判も悪い評判も出てきませんでした。
その光の方もページ見ても説明が薄っぺらくて「よくわかんない」のが正解。

あと、やたら解約すると「元の電話番号には戻せません」を主張。
不安と不信感と速度がいざ遅かった時は取り返しのつかないことになるのかな?

なので、転用する人はちゃんと良く理解した上でやらないとかのこみたいになります。

判断力が鈍ってた状態のかのこさんは「初期契約解除制度」があるという説明をされたのを確認してサインしてしまいます。

あのクーリングオフみたいなやつ。

書面が届いてから8日以内に申し出ると違約金とかそういうの無しで解約できるよんてやつですね。

かのこさんはそれを発動させました。

話は火曜日の夜まで遡ります。
へろへろになりながら帰宅したらポストに相手の会社さんから「書面」で契約の書類が入っていました。
書面が届いた日から8日なのでもう1日分損してますだって夜の10時過ぎィ…
残るは1週間。それまでに決着をつけなければいけません。

初期契約解除の書き方の見本が最初に契約の書類書いた時のやつ、送られてきたやつにも書いてありました。
でも書いてある見本がどうみてもハガキです。
怖い!!!!!
胃がギリギリしているかのこさんは「初期契約解除 書き方」で検索☜しまくりましたがやはり内容証明郵便の方がいいだろうと。
そうすれば郵便局にも保管されますから安心ですね。もう契約解除金とかやたらとられるよりは1200円くらいで全部解決する方がマシ、と書面を3通作成して準備。この話は水曜まで引っ張ります。
そして火曜日は力尽きて乁( ˙ω˙ 乁)おやすみなさーいしたわけです。
深夜に眠れなくなって起きたけど。

さてさて、水曜日。つまり昨日。

この会社は初期契約解除を申し出る場合は書面を送る前に電話してね!と書いてありましたので、受付の時間になったら電話します。

我が社のシャッチョサンに朝イチで「こういう事で休暇出すんでちょっと出かけてくるね!」と事前にお申し出ておいたのでスムーズに。

戦いはあっけなく終わるのか?

受付時間になりまして電話をかけたわけです。
この電話でもキャンセルできますよと言われましたが不安もあり「書面も送るよ!」って言っておきました。
初期契約解除により工事費など(着手前でしたので)解除金は一切かかりませんとの説明を受けました。
あと、行き違いで書類が届いてしまうかもしれませんが破棄して下さいと言われました。

みかかちゃんに電話

「転用を申し込んだけども相手の会社さんに初期契約解除の書面通知を行いましたが、これにより電話番号とかかわったり使えなくなったりする期間とか出てくるんですか?」
と、1番聞きたかった「今回の転用キャンセル云々で電話番号が変わるか」を質問。
みかかちゃんの担当さんが「突然電話が切れることもないし、急に変わることもないからそこは安心して。ライフラインだから心配ですよね(察し」とお答えいただきました。
んで「現在うちの回線のステータスどんなもん?(意訳)」と聞いたところ、「転用を申し込んだ状態になっております。初期契約解除をしたなら会社側からキャンセルの連絡が入ることになります」とのこと。
ヽ(д`ヽ)。。オロオロ。。(ノ´д)ノしていると、みかかのおねいさんが「心配ですよねわかります。では4〜5日たった頃にもう一度キャンセルされてるか確認しましょう。月曜日には私も出勤してますので確実に連絡しますが、その期間より前にキャンセルされたよっていうのがわかればお電話しますね^^」

神か!!!!!!!!!!!

いい人すぎて涙出た。
みかかおねいさん優しすぎ。
もう他の会社に浮気しないよ。きみはなんて魅力的なんだ。

内容証明郵便のはなし

さて、そのままその足で郵便局に行きました。
内容証明郵便は本局(集配とかやってるデカイとこ)しか扱っていないので距離はありますが行ってきました。
番号札を取って、お呼ばれしまして。
内容証明郵便を配達記録つけて出したい」
と言うと「原稿3通と封筒を下さい」と言われるので渡して暫くお待ちします。

原稿は同じ文章でないといけません。
書き方は検索するとたくさん載ってましたのでそこを参考にしながら書きました。
一行に書ける文字数とかも決まってるけど、その辺は「内容証明郵便 書き方」で検索!
中身を窓口お姉さんがチェックして決裁して準備してくれます。
窓口に15分くらいして呼ばれました。
「ではここの封筒に1枚入れて封をして下さい」
と、水糊をドーンと渡されまして、折々して封緘。
「それではこれが本人保管分です。」と1通渡されました。
そんでお会計。
1220円だったかな?そんなもん。
これはもう勉強料です。
解約金に比べたら安い安い。

とりあえずこれで水曜日付で契約解除を申し出たことになります。

おわりに。

どったんばったん大騒ぎ。
それが昨日の日記の意味です。はい。


教訓。
知らん会社は信用するな。
デカイとこのサービスでも解除してる人のカキコミとかも見かけたのでよくあることなのかな。
総務省だかも注意喚起のビラ出してるみたい。
「資料を置いてけ必要なら自分から連絡する」
というのが正しい対応。

次からは気をつけまーす。